« tt9プロジェクトC61キットの組立 30 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 32 »

2020年8月 3日 (月)

tt9プロジェクトC61キットの組立 31

 ボイラーにはかなり手を加えたので次にランボードですが、ボイラーに取り付ける前に準備しておいたほうが都合の良いことがあります。まず、両側に付く圧縮空気溜(エアタンク)。
103dscf9740 
ロストワックス法で成形した際の湯口、これがかなり大きいのですが、それを切り取って、形を整えます。

103dscf9741

 このエアタンクを両側のランボード下に取り付け、非公式側には給水ポンプから前方に向かう配管をしておきました。この管の後端はご覧のようにランボードの山の中、すなわちポンプの裏側になって隠れてしまうでしょうからここは特に何もせず、このままにしておくつもりです。
104dscf9750

104dscf9751 
また、公式側のランボードにはコンプレッサーに繋がる空気管を準備しておきました。




|

« tt9プロジェクトC61キットの組立 30 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 32 »

車両(TT)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« tt9プロジェクトC61キットの組立 30 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 32 »