« 今月の「鉄道模型趣味」誌 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 27 »

2020年7月22日 (水)

tt9プロジェクトC61キットの組立 26

 しばらく離れていたC61の製作に戻ります。これまでのボイラー工作で下の写真のような状態にまでなっています。なお、今回、ボイラーステップの周辺、つまり、裏側からの半田付け操作が難しいところはすべて表から半田を流し、その後キサゲで半田を落とすようにしました。一見手間がかかるようですが、無理をして裏から半田付けし、曲がってしまって、何度もやり直してもうまく付かず、最後には諦めて表から半田を盛る、などというくらいなら、潔く最初からキサゲ覚悟で工作した方が良さそうと判断しました。ただ、TTの場合はなにせ小さいので先に付けたパーツが干渉したりするのでキサゲが易しくないところも出てきます。
88dscf9665

 ボイラーの下準備ができたところで途中までになっていた作用管を付けました。これはあらかじめボイラーに開けておいた穴に0.3φの受けを付けるだけですからそれほど問題なくできます。
88dscf9668

 これでようやく懸案の空気作用管が我がC61に付きました。




|

« 今月の「鉄道模型趣味」誌 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 27 »

車両(TT)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の「鉄道模型趣味」誌 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 27 »