« 夏の花 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 26 »

2020年7月20日 (月)

今月の「鉄道模型趣味」誌

 8月号のTMS誌が私の手元にあります。前にもこのブログで述べましたが私のところでは通常TMS誌は毎月23日以降に店頭に並び、私はその翌日あたりに本屋さんに行って買ってきています。今日はまだ20日だというのに、いや実を言えば一昨日(18日)既に私はこの雑誌を手に入れているのです。どうして? 
Dscf2163
 これは機芸出版社さんから私の手元に送られてきたのです。私の作品、C57が幸運にも8月号に掲載されたからです。作品の内容それ自体をここで申し述べることはなにもありません、あえて言えば、秀作が居並ぶTMS誌上にあって、そのレベルを落としてはいやしないかと危惧していること・・・、くらいでしょう。

 ただ、このモデルを手掛けた意図についてはここで勝手ながら補足させていただきたいと思います。記事の中で私は「北海道型」とは異なる「北海道のC57」と言っていますが、これはいままで諸先輩が発表されてきた北海道型モデルの秀作を、「アレは間違っている」などと言おうとしているのではなく、そういうのとは違う姿のものもかつて北海道を走っていましたヨ、と言いたかったのです。
 そもそも私は、北海道のC57の最大の特徴は密閉キャブと冬季間のスノープラウにあったと思っています。この二つが雪と寒さへの対策を最も端的に表していて、外観的にもわかりやすいものでしょう。北海道に移入されたC57はその後さらにいろいろな工夫が施されて寒冷地対策が充実していき、その最後の形が現在鉄道博物館に保存されているC57135号機やその他に保存されている北海道由来のC57ということになります。従ってそれらが「北海道型C57」と呼ばれるのにふさわしい姿と言えると思います。しかし、一方ではそれらは北海道に渡って来た30数輌のC57のうちのほんの一握り、しかも最晩年の3年間程度の姿であったという事実もあります。

 私は大学を卒業するまでは飛行機に乗ったことはなく、移動手段の95%以上は鉄道でした。また、デイーゼル特急はすでに道内に導入されていましたが学生の身分ではとてもそんなものに乗るわけにはいかず、ほとんどが蒸機牽引列車での旅、しかも長距離移動の多かった旅のほとんどがC57のお世話になっていました。
 個人的なことになりますが、そのように思い入れのある機関車の姿を曲がりなりにも自分で組み立て表現することができ、そしてそれが皆様のお目に触れられる機会を頂いたということは幸甚の至りであります。

Dscf7127-2b
 蒸機華やかなりし頃に北海道で活躍し、多くの人々を運び、長きにわたってシゴナナとして親しまれたC57、最も輝いていた時代の「北海道のC57」です。

 



|

« 夏の花 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 26 »

車両(HO)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の花 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 26 »