« tt9プロジェクトC61キットの組立 22 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 24 »

2020年7月 4日 (土)

tt9プロジェクトC61キットの組立 23

 さて、問題の空気作用管です。一昨年、これを考えているうちに頭の中がまとまらなくなり、ついに工作を投げ出してしまったところです。今回はあまり深く追求せずに工作を進めようと思いました。が、最初に突き当たるのは、鉄道模型誌などでも工作事例の少ないTTで作用管はどのくらいの太さにすべきなのか? 少なくともこれは検討しなくてはなりません。
 TT蒸機の作用管はtt9プロジェクトからC62用が販売されていたので、今までそれを利用したことがあります。エッチング製と言われていて5本まとめて出来上がっているもので、まあ、それはそれで悪くはないのですが、少し整然とし過ぎていて作用管らしくないと言えばそう見えるかもしれません。

 私はこれまでHOの蒸機には0.25φのりん青銅線で自作の作用管を工作していましたので、0.25φで作用管を作るのならなんとか行けそうです。しかし、HOで0.25φが標準とされている時にTTでそれと同じサイズでは少し・・・? ということで、今回は0.2φのりん青銅線に挑戦してみることにしました。その代わり、自由形をいいことに、線の数は4本とし、形態はほぼ直線という、きわめて簡略なものとすることに決めました。

 0.2φの真鍮線の工作は私は難しさを感じていますが、りん青銅ならなんとかなるかなという期待を込めて。まず、方眼紙に作用管を反転した実寸図を描き、その上で作用管を1本ずつ曲げて作っていきました。
80dscf9632 

 その上から、要所要所に0.4φ真鍮線を直角に交差するように半田付けしました。これは作用管をボイラーから少し浮かせるための台になる部分で、この上、すなわち作用管を挟んで逆側に作用管受けを付けることになります。

 ひっくり返して表から見るとこのようになっています。
82dscf9635

この上にマスキングテープを貼って上から押さえつけてテープに作用管の凹みを付けてから剥がし、へこみを鉛筆でなぞってテープの上に作用管の形を描きます。それをボイラーに貼り付けてテープに印された場所に作用管受けを取り付ける孔を空けました。
83dscf9640

 このようにテープを使って作用管の位置をボイラー上に決める方法はあるブログから拝借したもので、このところ私はいつもこの方法を使わせてもらっています。





|

« tt9プロジェクトC61キットの組立 22 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 24 »

車両(TT)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« tt9プロジェクトC61キットの組立 22 | トップページ | tt9プロジェクトC61キットの組立 24 »