« tt9プロジェクトC61キットの組立 17 | トップページ | 我が家の野草 2 »

2020年6月16日 (火)

我が家の野草 その1

 今年はコロナ騒ぎで鉄道模型とならぶ私の趣味、野草の観察は思うようにはいきません。春から夏にかけての旬の時期がコロナにまともに被ってしまいました。自然の中での花々との胸がときめくような出会いがあまり得られなかったのは残念ですが、考えてみればこれは我が家の庭の花をもっと良く観察する機会を与えられたということなのかもしれません。

 私の庭は広さから言えば自然に比べて比較するのがどだい無理な話なのですが、その狭い場所を効率的に飾るためにはどうしても花が大きくて色鮮やかな栽培種を多く植えることになります。ただ、それらの華麗な栽培種の花に交じって目立たずひっそりとではありますがいくつかの野草も花を咲かせています。だが待てよ! どうして個人の家の庭に山野草が咲いているのか。雑草化した外来の花でもない限り家庭の庭に山野草が自然に咲くはずがないではないか? もし野草を無断で採ってきたのならそれは盗掘であり、盗掘は自然を破壊するし、だいたい刑事罰にまでなることがあります。いや、罰が下らなかったとしても、倫理的に絶対にやってはいけないことなのだ、etc・・・ 。

 今回はその辺りの説明も含めて、我が家に咲く春の山野草を紹介させていただきます。以下の写真には、もうすでに今年の花を終わらせたものもありますが、春先の花については2,3か月前の写真を引っ張り出してきて登場してもらいます。

 まず、フクジュソウ(キンポウゲ科)
A1dscf0422
 御存じのように春一番に咲く花で、北海道ではこの花のことをマンサク(まず咲く)ということがあります。私がここに引っ越してきた40年ほど前にはこの辺の道路際、林の縁にいくらでも咲いていました。越してきたばかりの近隣の人々は新築したばかりでまだ殺風景な庭を飾ろうとこの花をその辺から採ってきては自分の庭に植えていました。実は私もその中の一人。家の裏の林から少しいただいてきたのです。当時この花はまるでタンポポのようにこのあたりを黄色に染めていましたから、皆様も、そして私も罪悪感など到底わかなかったのでした。しかし、40年たった今、この花は付近でことさら珍しいとは言わないまでも、かつてのような群落は見らなくなりました。やはり、恐ろしいのは人間の力であるということを痛感させられています。

A2dscf0604
    エゾエンゴサク(ケシ科)
 春の比較的早い時期に日当たりの良い草原に群生して咲きます。特に上川地方や道東一体では広い野原がこの花で一面に覆われて、緑の床の上に薄青いレースのカーテンを敷いたかのような、それはそれは美しい景観を呈します。その花がわずかですが私の庭にも咲いています。でも、どうして? この花も以下の花々も野外の同じ場所から採ってきたものなのです。

 実はかつて私の家から車で30分くらいの牧場の端の窪地に小さな林がありました。そしてその林の中を清流が流れていました。狭い場所でしたがその周りが花の宝庫だったのです。春にはザゼンソウ、ミズバショウ、林の縁の日当たりの良いところにはこのエゾエンゴサク、スミレ、キケマン、そして流れの脇にはオオバナノエンレイソウ、ニリンソウ、夏になるとオオウバユリ、等々。しかし今から数年前に、牧場の拡張工事が始まりました。林の木は切られ、低地には土砂が埋められ始めました。見かねた私は、我が家に持ち帰ることができるような小さな花の株だけを何種か採ってきました。予想通りそのすぐ後、かつて林があったとは信じられないようにすっかり牧草畑の一部になり、もちろん野草は一本残らず消えてしまいました。

A3dscf1016
  オオバナノエンレイソウ(シュロソウ科)
 このブログでもたびたび取り上げているので今更説明の要もないのですが、その時採ってきました。違った環境の土地から移したせいか我が家では今のところあまり元気がありません。とはいっても、ご覧のようにこの花の写真、いつ見ても華やかですね。私はこれこそがシラネアオイとならぶ山野草の女王だと思っています。

A4dscf1031

A5dscf1019
 同じところから採ってきた上がニリンソウ(キンポウゲ科)、下はサンリンソウ(キンポウゲ科)です。この二つの花は比較的環境に強いとみえて札幌付近でもまだ見ることができます。我が家でも元気が良く、採ってきて以来増え続けているようで、むしろ摘み取ったりして狭い庭の管理をせねばならないことがあります。

 

 

|

« tt9プロジェクトC61キットの組立 17 | トップページ | 我が家の野草 2 »

野の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« tt9プロジェクトC61キットの組立 17 | トップページ | 我が家の野草 2 »