« またもや胆振東部で地震!! | トップページ | オホーツクの原生花園 1 »

2019年2月24日 (日)

TTスケール(1/120) キハユニ25 その7

 地震に関してはこれからも重々注意が、といっても注意しただけではどうしようもないので、その対策に本気で取り組んでいかねばなりません。

 さて、完成した気動車を早速レイアウトで試運転。キハ22とキハユニ25の新コンビは我がレイアウトに於いて今後主力として活躍してもらいます。
X20dscf1633

Ax18dscf1529


 この
2両編成、走りもいまのところ快調です(M車のキハ22は1モーター2軸駆動ですが全軸集電にしてあります)。走行音はかなり騒々しいですが、かえって気動車らしくてよろしいかと。


X20dscf1532_1

 こうして情景の中を走らせてみると旧キハ22よりは改善されていると思われます。当面は我がレイアウトではこの車両を使いますが、将来また同じキハ22系を手掛けるかもしれません。それくらい、昔の北海道を想定したレイアウトでは重要な車輛であり、私の思い入れが強いのでしょう。     (この項終わり)

|

« またもや胆振東部で地震!! | トップページ | オホーツクの原生花園 1 »

車両(TT)気動車」カテゴリの記事

コメント

和田様
 コメントありがとうございます。地震の被害は今回は軽微だったのですが、余震がいつまでも続くと、またか、またか・・とすっかり臆病になり、わずかな揺れでもこちらの胸の内が実際の揺れ以上に動揺します。ただ、これからはこういったこと、日本全土で起こりうるので、皆さん警戒が必要でしょうね。
 TTの車輛の方は地震のブログにもアップしたCタンクが去年既に当鉄道に入線していますので、早くその製作記をご紹介したいのですが、現在、写真と文章のまとめに手間取っている次第です。
 貴兄が製作途中の貨車の完成を期待しております。完成の暁にはぜひご一報いただければと思います。

投稿: ヒロtk | 2019年3月 1日 (金) 09時02分

こんにちは
再度の地震が発生し、またしても被害があったとの事。
改めてお見舞い申し上げます
そんな中、キハとキハユニが完成し「道東本線」に入線した写真を拝見しました。レイアウトにふさわしくとても雰囲気が出ていますね。
また以前のキハ82系の制作ブログを拝見し、台車まで
自作されておりその制作パワーに感じ入った次第です。
TMS誌にレイアウトの記事が掲載された際に車両の事に触れておられましたがこれで納得した次第です。
私も頑張って貨車の制作をやりきらねばと思っています。
では失礼致します。

投稿: 和田 雅夫 | 2019年2月28日 (木) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TTスケール(1/120) キハユニ25 その7:

« またもや胆振東部で地震!! | トップページ | オホーツクの原生花園 1 »