« TTスケール(1/120) ペーパールーフの試み その2 | トップページ | TTスケール(1/120) キハ80 その1 »

2018年7月13日 (金)

TTスケール(1/120) ペーパールーフの試み その3

次はワム90000です。だんだん車長が短くなってしまいます。より簡単そうなものへと流されているようです。

8x14dscf5567_2

9x14dscf7620

  前回の失敗に懲りて屋根の長さ方向を3×3の角棒で補強しました。車長が短いのでリブは省略です。

10x14dscf5588

 今度はなんとかなりました。ペーパーは木材と違ってそのままでは剛性が無いに等しいのでそれなりの注意が必要です。ただ、今回補強には3×3のひのき角棒を使いましたが、車長の長い20m級の客車などではもっと断面の大きな材料が必要になりそうで、これも多少やっかいな問題になるかもしれません。



|

« TTスケール(1/120) ペーパールーフの試み その2 | トップページ | TTスケール(1/120) キハ80 その1 »

車両(TT)」カテゴリの記事

コメント

私は車両製作にはtt9プロジェクト製の7mm径車輪を使っていますが、車軸はいわゆる長軸、TTで約16mmです。ワム90000は長軸だったらしいので本当はこれで良いはずですが、実際に車幅20mm程度の貨車の車体にこれを組み込むのはかなり厳しく、いつも苦慮しています。
 かつてアルモデルからワム90000のキットが発売されましたが、図面ではあきらかに単軸での設計になっていながら、実際にキット付属のは16mm長軸の車輪だったため、下回りはそのままでは組むことが出来ず、結局そのキットはあきらめて他の車両製作の際の部品供給元になっています。

投稿: ヒロtk | 2019年2月15日 (金) 09時07分

こんにちは。
お忙しい中、早速返信コメントを頂き誠にありがとうございます。
おかげ様で疑問点が解消されそうです。また素材についてもご説明頂いたので非常に参考になりました。
加えて過去のTMS誌、これも手元にありますので参考にしたいと思います。
本当にありがとうございました。
改めてお礼申し上げます。
今後ともよろしくお願い致します。

和田 雅夫

投稿: 和田 雅夫 | 2019年2月14日 (木) 12時49分

和田様
 コメントありがとうございます。日本型TTに取り組まれている方からのお便り、大変うれしく思いました。
 さて、旧型貨車については私が最も弱い部分です。このところずっと「貨車についても勉強しなけりゃな~」などと考えていたくらいですから。貴兄の糧になるようなものは何もないと思いますが、実際をありていに申し上げますと、ワムの場合は試みということで手っ取り早く妻板はアルモデルキットのダイキャスト部品の流用です。屋根と側板は一体なので図面(http://at1plus.blog.fc2.com/blog-entry-10.html だったはずですがこのところつながりません)から断面を厚紙にくりぬいてそれにこの部分(いさみや工作紙0.3t)を嵌めて屋根などの形を整えています。当ブログで以前アップしたキハ80の作り方と同じです。屋根はその上にもう一枚薄い紙(0.1t強)を貼っています。ワキは妻板も屋根近くのベンチレータもペーパー(いさみや)重ね合わせの自作です。また屋根妻側の縁どりはペーパーを切り抜いたものを張っています。「屋根の縁板」とはこの部分のことでしょうか。
 なお、私が貨車を自作するとき参考にしているのは古いTMS(1967 No234)の伊藤佑介氏の記事です。金属とペーパー、ルーフ別パーツの違いはありますが、上回り、下回りとも今のところ私の貨車づくりの基本にしています。
 さほどお役にも立たなかったかもしれませんが、日本ではTT愛好者は少ないのでこれからも情報交換をさせて頂ければ幸いと存じます。

投稿: ヒロtk | 2019年2月14日 (木) 09時43分

こんにちは。
失礼とは存じますが、ご教示頂きたいことがありコメントさせて頂きました。

私、定年後約50年ぶりに鉄道模型を再開し、
TMS誌に掲載された「道東本線」に触発され、tt-9を採用することにしました。
現在までに客車キットを組みましたがその重さに驚き、貨車(ワム・ワフ)をペーパーで制作しようと試みています。
しかし妻板部・屋根縁板の制作(屋根Rに正確に合わすこと・その厚み)で行き詰り、また妻板のベンチレーター(?)の制作でも困っております。
そんな折1月末に当サイトがあることを知り、ペパールーフの試み(貨車の制作)を拝見しその出来栄えに驚いた次第です。
ついては大変厚かましいお願いですが、上記の点に関してご教示頂けませんでしょうか。
また使用素材に関してもお教え頂ければ幸いです。
地震被害からの「道東本線」の復旧、また車両制作と大変お忙しい折りに、誠に恐縮ではございますがご検討の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

和田 雅夫
大阪府高槻市

投稿: 和田 雅夫 | 2019年2月13日 (水) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TTスケール(1/120) ペーパールーフの試み その3:

« TTスケール(1/120) ペーパールーフの試み その2 | トップページ | TTスケール(1/120) キハ80 その1 »